知る・楽しむ

石けんとは

石けんは環境にやさしい

石けんは分解される

これは、排水として流れた石けんが生分解されるということです。石けんは、水と二酸化炭素に生分解されます。石けんカスは微生物の栄養源に、そして最終的には魚のエサになります。石けんのように単純な結合物は環境にもやさしいのです。

地球上生命体の危機

本来、自然界には自浄作用があり、川や海に生息する生き物たちが、汚れなどを分解しながら環境中を流れます。

石けんは分解されて、石けんカスは微生物の栄養源に、そして魚のエサとなり、自然界の循環に溶け込んでいきます。

地球上の酸素のおよそ3分の2は海から産み出されています。海中を漂う植物プランクトン、海面近くの海藻類などが光合成し、われわれ地球上で生きる生物に欠かせない酸素を作り出しているのです。その植物たちが消えてしまったら・・・

熊本県の宮原町、香川県の大野原町など町ぐるみで環境を意識して石けんを利用している地域もあります。福岡県の学校給食の現場では、十年以上も前からシャボン玉石けんを使用しています。?

人と環境に優しい、それがシャボン玉石けんです。

ページトップへ