知る・楽しむ

石けんとは

石けんと合成洗剤の見分け方

容器側面、もしくは裏面に掲載されている「品名」と「成分」を確認してみて下さい。

石けんも合成洗剤も「界面活性剤」の一種ですが、「石けん」に分類されるのは「脂肪酸ナトリウム」「脂肪酸カリウム」です。動植物性油脂に苛性ソーダ(液体は苛性カリ)を反応させたもののみです。それ以外の界面活性剤(合成界面活性剤)を主成分とするものは、全て合成洗剤です。

洗濯用合成洗剤の成分表示
合成シャンプーの成分表示
シャボン玉浴用の成分表示

GHS:化学品の分類および表示に関する世界調和システム
(The globally harmonized system of classification and labeling of chemicals)

世界的に統一されたルールに従って、化学品を危険有害性の種類と程度により分類し、その情報が一目でわかるよう、ラベルで表示したり、安全データシートを提供したりするシステムのことです。

2003年に国連から発出されており、2008年中を目標に、国際的に導入を進めています。

国籍や言語が異なっても化学品の取扱いや流通に支障がなく事故を未然に防ぎ、貿易のスムーズな発展を図ることを目的としています。
※2005年に国連がGHSを発行しましたが、実施に強制力はありません。

PRTR法(化学物質管理促進法)Pollutant Release and Transfer Register

「人の健康や生態系に有害なおそれがある化学物質について、環境中への排出量及び廃棄物に含まれての移動量を事業者が自ら把握して行政庁に報告し、さらに行政庁は事業者からの報告や統計資料を用いた推計に基づき排出量・移動量を集計・公表する制度」をいいます。

事業者が環境中へ排出されている化学物質の排出量を自ら把握し、届け出ることを定めた法律。有害性のある化学物質がどのような発生源から、どのくらい環境中に排出され、廃棄物として運び出されたかというデータを把握し、集計し公表する仕組みを作ることを目的としている

事業者に以下の2点を義務付けている。
(1) 特定化学物質の環境への排出量と廃棄のために移動した量を国に届け出ること
(2) 対象物質を販売するときに、MSDS(化学物質の性状や取扱いに関する情報)を提供すること

自主的な管理の改善、環境の保全上の支障を未然に防止する

PRTR法に指定されている合成界面活性剤(平成22年9月現在)

PRTR法第一種指定化学物質に指定された合成界面活性剤(平成11年7月13日公布)
政令番号 物質名
24 直鎖アルキルベンゼンスルホン酸及びその塩
=【直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム】=【LAS】
166 N・N-ジメチルドデシルアミン=N-オキシド
=【アルキルアミンオキシド】=【ラウラミンオキシド】
251 ビス(水素化牛脂)ジメチルアンモニウム=クロリド
307 ポリ(オキシエチレン)=アルキルエーテル
308 ポリ(オキシエチレン)=オクチルフェニルエーテル
309 ポリ(オキシエチレン)=ノニルフェニルエーテル
第一種指定化学物質に追加された合成界面活性剤(平成21年10月1日以降)
政令番号 物質名
241 2-スルホヘキサデカン酸-1-メチルエステルナトリウム塩
=【アルファスルホ脂肪酸エステルナトリウム】
275 ドデシル硫酸ナトリウム
=【アルキル硫酸エステルナトリウム】=【ラウリル硫酸ナトリウム】
389 ヘキサデシルトリメチルアンモニウム=クロリド
409 ポリ(オキシエチレン)=ドデシルエーテル硫酸エステルナトリウム
=【アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム】=【ラウレス硫酸ナトリウム】

※【 】内は、同じ物質でも法律や管轄により異なる成分表示名

ページトップへ