知る・楽しむ

石けんを楽しむ

自由研究テーマ

石けんってなぁに

石けんは、簡単に言えば汚れを落とすものです。
石けんとは、界面活性剤の一種で、天然の動物性油脂や植物性油脂とアルカリ剤を反応させて作られます。

※界面活性剤とは・・・水と油の両方の性質を併せ持ち、水と油を混ぜ合わせる仲介役として働きます。

石けんってどうやってできるの?

石けんは、天然の動物性油脂や植物性油脂とアルカリ剤を反応させて作ります。
作り方は大きく分けてケン化法と中和法の2種類があります。

・ケン化法・・・油脂にアルカリ剤(苛性ソーダや苛性カリ)を反応させる方法
・中和法 ・・・脂肪酸にアルカリ剤(苛性ソーダや苛性カリ)を反応させる方法

どうやって汚れが落ちるの?

まず汚れとは、汗や皮脂、食べこぼし、ホコリなどが挙げられます。汚れには水に溶けるものと溶けないものがあり、水に溶けない汚れを落とすときに活躍するのが界面活性剤です。
石けんには、油の性質を持つ部分(親油基)と水の性質を持つ部分(親水基)があります。
汚れに油の性質を持つ部分がくっつき、水の性質を持つ部分が汚れを浮かせます。

オリジナル石けんを作ってみよう♪

カイワレ実験をやってみよう♪

・合成洗剤と石けんの比較
・合成ハミガキとせっけんハミガキとの比較

成分表示を調べてみよう♪

家にある石けんや洗剤の成分表示をチェックしてみよう!

ウイルス予防について学ぼう♪

工場見学に行こう♪

工場見学に行って、実際に石けんができるまでの工程を調べてみよう♪

ページトップへ