知る・楽しむ

シャボン玉石けんの無添加石けんとは

原料へのこだわり

シャボン玉石けんの原料は、牛脂やパーム油、パーム核油、米ぬか油などの天然油脂です。

オリーブ油

肌にやさしい不飽和脂肪酸(オレイン酸)を多く含み、しっとり洗い上がります。
保湿成分であるスクワランや、抗酸化作用(肌荒れ防止)のあるビタミンA・E、ポリフェノールを多く含んでいます。
酸化しやすい脂肪酸(リノール酸)が少なく、安定性のある油です。

アボカドオイル

アボカドオイルは、アボカドの果実から圧搾されたオイルです。栄養価が高く、「森のバター」といわれています。
肌にやさしい不飽和脂肪酸を多く含んでいるので、肌に余分な刺激を与えません。ビタミンやミネラルが豊富で保湿性に優れています

パーム油・パーム核油

無農薬のパームから作られたパーム油・パーム核油を使用しています。原産国であるマレーシアに訪問の際、無農薬栽培であることを確認しています。弊社の植物原料は精製された食用油を使用していますので、安心してご使用ください。
●パーム油:洗浄力に優れています。
●パーム核油:泡立ちが豊かです。

牛脂

洗浄力が高く、皮膚への刺激が少ない油脂です。
新鮮さが必要とされる牛脂は、主に九州内から取り寄せています。

品質管理方法

お客様の手元に届く製品の品質レベルを維持するため、品質の管理を徹底しています。
全ての商品の原料・包装資材の受け入れ検査から中間製品、最終製品検査を行なっています。
また、工場内における品質検査にとどまらず、原料のサプライヤーや原料の生産地を社員が直接訪問し、生産工程などのチェックを行なうこともあります。

工場内の品質管理体制

(1) 原料・包装資材の受入検査
(2) 中間製品検査
(3) 最終製品検査
(4) 最終製品をサンプルとして5年間保管

サプライヤー訪問

例えば、マレーシアにあるパームオイル精製工場の視察があります。
パームオイルは、弊社の石けんの原料として使用しています。
社員が直接訪問して、原料の品質チェックを行なうことで、品質維持に努めています。

ページトップへ