知る・楽しむ

専門家の声

助産師

  • 沐浴について
  • 赤ちゃんのスキンケア方法
  • サンプリング調査結果

赤ちゃんはのぼせやすく湯冷めしやすいので、短時間で洗うことが大切です。また、赤ちゃんは新陳代謝が活発なので汗や皮脂の分泌量も多く、意外と汚れているものです。
産まれて間もない時期は抵抗力が弱く、汚れが肌への刺激となってしまいます。指先と手のひらでやさしくしっかり洗いましょう。

沐浴とは・・・

ベビーバスなどを使って赤ちゃんをお風呂に入れることです。

生後1ヶ月半くらいまでの赤ちゃんは、抵抗力が弱いので家族以外の大人と一緒のお風呂に入ることができません。生後3ヶ月くらいまでは、赤ちゃんは抵抗力が弱いのでベビーソープで洗うと良いでしょう。

その後はお母さんと同じもので洗っても大丈夫です。

赤ちゃんの肌

新陳代謝が活発な赤ちゃんの肌は、汗や皮脂の分泌量が多く汚れやすいものです。全身をやさしくしっかり洗い、肌を清潔に保ちましょう。

赤ちゃんの肌は大人に比べて薄いので、乾燥しやすく、一度乾燥すると回復するのに時間がかかります。乾燥した皮膚は肌トラブルの原因にもなるので、肌の潤いを守ることが大切です。

沐浴の基礎知識

  • 赤ちゃんはのぼせやすく湯冷めしやすいので、短時間(5?10分が目安)で洗いましょう。
  • 沐浴を行なう部屋やお風呂場は暖かくしておきましょう。
  • 赤ちゃんにとってお風呂は適度な運動にもなります。毎日できるだけ決まった時間に沐浴させることで、赤ちゃんの生活リズムを整えましょう。
  • お湯の温度は、夏は38?39度、冬は40?41度が目安です。
  • 冬は1日1回でも大丈夫ですが、夏場など汗をかきやすい時期は1日に2回入れてあげるとよいでしょう。
  • 赤ちゃんに熱がある時や機嫌が悪い時は、無理に沐浴を行なわず、お湯で濡らしたガーゼなどで体を拭いてあげるだけにしましょう。
  • 手のひらと指先でやさしく丁寧に洗うのがポイントです。力を入れすぎると肌に負担がかかってしまうので、たっぷりの泡でなでるようにやさしく洗いましょう。

準備するもの

  • ベビーバス
  • バスタオル
  • ガーゼ 2?3枚
  • 沐浴布/大判のガーゼ
  • 着替え
  • 綿棒
  • 温度計
  • ベビーソープ
  • 湯冷まし(麦茶や母乳を与えるなど)

沐浴手順

1.着替えの準備

お風呂上りにスムーズに着替えができるよう、予め着替えは袖を通して広げておきましょう。

2.ベビーバスの準備

ベビーバスの7分目くらいまでお湯を張ります。慣れないうちは温度計で温度を確認しましょう。

3.沐浴布で赤ちゃんをくるみ、足からバスに入れる

沐浴布やガーゼにくるむと赤ちゃんは安心するので、沐浴させやすくなります。また、冬場など寒い時期は体が冷えないように気をつけましょう。首と股を支えながら、足からゆっくりお湯に入れましょう。

4.顔と頭

ガーゼをお湯で濡らして、目、鼻、ほっぺた、あご、おでこ、頭、の順に洗います。
目はガーゼで拭き、ほっぺた・あご・おでこにベビーソープの泡をつけて、やさしく洗い流します。
頭はガーゼで包み込むように、まるく円を描きながら洗います。
頭皮は皮脂が多く、きちんと皮脂を落とさないと脂漏性湿疹などができやすいので、丁寧に洗います。

5.体

沐浴布を少しずつ脱がすようにしながらあおむけの状態で、首、わきの下、手、お腹、股、足の順に洗います。くびれやシワの部分は汚れが溜まりやすいので、丁寧に洗います。

6.背中とおしり

体を洗い終わったら、赤ちゃんのあごを腕に乗せるようにしてゆっくり体をうつぶせにします。もう片方の手で首、背中、おしりの順に洗います。うつぶせにできなければ、仰向けのままでも大丈夫です。
赤ちゃんは一日中オムツを着けているので、汚れはしっかり洗い落としてあげましょう。

7.赤ちゃんを温める

もう一度仰向けにして、赤ちゃんの体を温めてあげます。バスから上げて最後にかけ湯で石けんをきれいに洗い流します。

8.タオルで拭いて着替える

湯冷めしないようバスタオルで全身を包み、軽く抑えるようにして手早く拭きます。
水をきちんと拭き取らないと、水が蒸発する際に体温も奪われてしまいます。
耳や鼻、おへそは綿棒で軽く拭きます。へその緒が取れないうちは、消毒してよく乾燥させてあげましょう。

   
9.湯冷まし

お風呂の後は、赤ちゃんの水分補給をしましょう。冷たく冷やしたものをあげると湯冷めしてしまうので注意が必要です。麦茶や母乳をあげてもよいでしょう。

10.綿棒でお手入れ

おへそ、鼻、耳は綿棒でやさしく水気や汚れをふき取ります。穴の奥まで入れると傷つけてしまうので気をつけましょう。

   

※誤って石けんを飲んでしまった場合、次のような応急処置をしてください。
(少し飲んだくらいなら、胃酸によって元の油と塩に戻ります。)

  1. 口に入れたものを出す
  2. 口を充分にすすぐ
  3. 誤飲した物を薄めたり、食道や胃の粘膜を保護するために、コップ1杯程度の水あるいは牛乳または生卵を飲ませる
  4. 様子がいつもと違う場合は、医師に相談する
ページトップへ