知る・楽しむ

専門家の声

歯科医

  • 正しい歯磨き方法
  • 虫歯予防
  • サンプリング調査結果

毎日のハミガキや虫歯予防で大切なことは、しっかりとブラッシングをすることです。
歯磨きには基本的にはハミガキを使用する必要ないと考えています。しかし、コーヒーや紅茶などによる歯への色の沈着を予防したい方や、ハミガキ後の爽快さを求める方には、石けんを発泡剤としたハミガキを推奨しています。
石けん系ハミガキは、発泡剤としてラウリル硫酸ナトリウムなどの合成界面活性剤は使用せず、成分に悪いものが入っておらず、また、不必要に泡立ちが強くないからです。

ブラッシングは虫歯予防として大切ですが、歯槽膿漏の予防や対策にもとても重要です。ブラッシングすることで歯肉をマッサージすることができ、炎症が治まり、歯肉が引き締まり、歯と歯肉の間から汚れが入りにくくなります。特に歯槽膿漏で悩んでいる方には長時間のブラッシングを推奨しています。
長時間歯を磨く時の方法としてお薦めしているのが、“ながら磨き”です。洗面台でささっと磨き終えるのではなく、テレビを観ながら、新聞を読みながら、の“ながら磨き”です。
一般的なハミガキ粉を使用すると口の中がすぐに泡だらけになり、長時間磨きにくくなります。また、少し磨いただけで、しっかりと磨いた気になってしまう傾向があります。一方、石けん系ハミガキは一般的なハミガキと比べて不必要に泡立ちが強くない為、長時間ゆっくりと磨くには適したハミガキです。

ブラッシングをする歯ブラシは、特に最初の内はやわらかい歯ブラシをお薦めしています。歯肉に負担をかけて、傷つけて出血させないようにしてください。ブラシ部分のヘッドは比較的小さなものがお薦めです。ヘッドが大きすぎると口の奥まで入りにくく、奥歯が磨きにくくなる為です。
素材はナイロン製をお勧めしています。動物の毛は細菌が繁殖しやすい為です。

口の中は体内への入り口です。異常なものが体内に入るとそれを感じ、吐き出すという機能をもったとても敏感で大切な部分です。歯磨きは毎日するものなので、安心安全なハミガキを使用することをお薦めします。

中川歯科医院 中川哲夫院長

ページトップへ