知る・楽しむ

石けんの上手な使い方

シャンプー・リンス編

シャンプーの仕方

1.ブラッシング

フケやホコリ等の汚れを取り、シャンプーの泡立ちを良くします。

2.予洗い

頭皮に届くようにお湯で流します。シャンプーのなじみが良くなります。

3.シャンプー

適量を手に取り、よく泡立てます。髪の毛全体にまんべんなく泡を伸ばし、頭皮から指の腹でやさしくマッサージするように洗います。最後に髪の毛の流れを整えるように泡を伸ばして、髪の毛全体を洗います。
※髪の長さ・量に応じて使用量を調整してください。

4.すすぎ

シャンプーを洗い流す前に、手ぐしでゆっくり根本から髪の流れを整えるときしみや絡まりの軽減になります。力を入れるとキューティクルを壊してしまうので、手がとまったところでやめましょう。
すすぎは、髪の間にお湯が入るようにしっかりていねいにすすぎます。シャンプーが残っていると、きしみやベタつきの原因になりますので、しっかりとすすいでください。

5.リンス

せっけんシャンプーでアルカリ性に傾いた髪を中和し、きしみやゴワつきを防ぎます。
リンス適量を手に取り、髪の毛全体にいきわたらせるようにリンスをなじませ、2~3分おいてからしっかりとすすいでください。
洗面器などにお湯で薄めて、髪全体に流してからきしみやベタつきの気になる部分にリンスを付け足すと、髪への負担が少なくなります。
※髪の長さ・量によって使用量を調整してください。

6.最後のすすぎ

よくすすいだ後、乾いたタオルでこすらず、たたくように乾かしてください。

※「合成シャンプー」から「石けんシャンプー」に切り替えると髪がキシミます。これは髪が合成シャンプーで傷んでいる証拠です。「石けんシャンプー」を使い続けると、次第に軋まなくなってきます。

かゆみを感じる場合

シャンプー後の椿油マッサージがおすすめ!地肌や毛根・髪に栄養分を与えたり、活性化を促します。

  1. 椿油を少量指先につけ、地肌を傷つけないように指の腹で多少の力を入れ、丁寧に2~3分マッサージします。
  2. 温めたタオルでターバンのように巻き、湯槽で5~10分リラックスしてください。
  3. その後、充分洗い流してください。

※週1回を目安に行ってください。

上手なシャンプーリンスの仕方

ページトップへ