Recruit

社員紹介

『釜炊きを極める』五感で楽しむ

製造部 製造一課 古門 佑久季 2012年入社

製造部 製造一課

古門 佑久季2012年入社

製造部 製造一課 ケン化の業務について

製造一課 ケン化ではケン化釜と呼ばれる設備を用いて石けんを製造しています。私は固形石けんを担当しており、昔ながらの釜炊き製法『ケン化法』で、原料の油脂と苛性ソーダを反応させてじっくりと石けんを炊いています。
『ケン化法』は経験と感覚が大事で熟練の技術が要求され、一人前の『釜炊き職人』になるには10年かかると言われています。なので私は人よりも多くの経験を積み、感覚を磨き、10年未満で一人前の釜炊き職人に大成することが今の目標です。

この仕事の魅力

ケン化法は毎回決められた量の原料を使えば、同じ石けんが出来るわけではありません。
常に石けんの状態を人間の五感で確認し、その都度手を加えていきます。
それは料理と同じで、石けんの味見をしながら満足する仕上がりを目指します。1つの技術を習得するたびに自身の成長を実感でき、更なる向上心が湧き上がってくることが楽しくてしかたありません。そんな石けんを家族や友人が愛用してくれていることも励みになっています。特に肌のしっとり感は評判が良く、赤ちゃんの為の贈り物としてもご購入いただいています。このように自分の仕事が人の為に成っている事を実感した時に、仕事に対してやりがいと魅力を感じます。

職場の雰囲気

私の所属する部署では上司や先輩が丁寧に指導をしてくれます。ケン化の所属人数が 4 人と少数な分、全 員とコミュニケーションが取り易いです。皆、優しくて面白い方々なので常に明るい職場です。
また、複数の部署で行なう交流会(飲み会)や、会社全体で参加する地元のお祭り等のイベントが多く、社 内の交流の場も盛んにあります。なので、他部署の方々とも仲良くなり易いです。

思い入れのあるシャボン玉商品

シャボン玉浴用石けんです。
私が現在の部署に配属され、最初に製造を教わったのが浴用石けんでした。当時は先輩に教わりながら恐る恐る、作業を行なっていましたが、長く製造に関わってきた分、苦労や達成感があった思い入れのある商品です。また、浴用石けんは使い勝手が良く、手洗いだけでなく衣服の袖洗いにも私は利用しています。

学生への
メッセージ

皆さんがシャボン玉石けんを選ぶ志望動機は何でしょうか?その動機は仕事に懸命に取り組む理由でしょうか?いざ自分が働いてみると、志望動機は大きな意味を持ってきます。一度自己分析をしっかり行い、動機を熱意を込めて私たちに伝えてください。皆さんとお会いするのを楽しみにしています。

閉じる