よくある質問

用途別

「シャボン玉スノール」と「粉石けんスノール」の違いは何ですか?(液体と粉の違い)
大きな違いは使い勝手と洗浄力、経済性です。
使い勝手の良さを選ばれる液体石けん派、洗浄力や経済面を重視した粉石けん派があると思いますが、どちらもお肌や環境にやさしい製品です。お好みに合わせてご選択ください。
「シャボン玉スノール」と「EM液体洗濯せっけん」の違いは何ですか?
「シャボン玉スノール」は、脂肪酸カリウムに固形石けんに使われる洗浄成分(脂肪酸ナトリウム)をプラスしました。洗浄力が高く、石けん特有のニオイも少ないので、初心者の方でも使いやすい洗濯せっけんです。
一方「EM液体洗濯せっけん」は、製造時にEM(有用微生物群)を使っています。EMは、河川などの水質改善に役立てられています。
ドラム式洗濯機でも粉石けんスノールは使用できますか?
ドラム式洗濯機の場合、粉石けんの使用をすすめていないメーカーがありますので、まずは洗濯機の使用説明書をよくご確認ください。
粉石けんの使用がOKである場合のポイントとしましては、衣類を入れ過ぎないことです。メーカー表示の80%の衣類の量を目安にしてください。(5Kg洗いなら4Kgです)
また、石けん投入口に粉石けんを入れると、固まって水があふれる場合もございます。
ぬるま湯(お風呂の残り湯で結構です)で石けんを溶かして洗濯槽に入れるなど、しっかり溶かしてご使用ください。
スノールでニットやセーターなどのおしゃれ着を洗っても大丈夫ですか?
弊社粉石けんの用途には、綿・麻・レーヨン・ウール・シルクを洗うことが出来ると表示しています。
しかし、液体石けんの用途は綿・麻・レーヨンのみで、ウール・シルクの表示はありません。
これはJIS規格の中に液体石けんの項目がないため、ウール・シルクも洗えると表示する事が出来ないのです。他社液体石けんメーカーも同様の表示です。
実際、成分は無添剤の石けんと水だけですから、ウールもシルクも洗うことができます。
最初から最後までぬるま湯を使用・風合いを損ねないように優しく手洗い・充分すすぐ・短く脱水・形を整えて干す。以上のように粉石けんと同様にお使いください。
※高額のものや縫製の複雑なもの、金属加工のあるものは避け、専門のクリーニング店にお出しください。
スノールベビーはドラム式洗濯機でも使用できますか?
通常使用時は、洗剤投入口からそのまま入れて使用して頂いても問題ありません。
使用方法は、洗濯機に備え付けの取扱説明書に従ってご使用ください。
予約洗濯の場合は、ぬるま湯に溶かして洗濯槽内に直接投入してください。洗剤投入口から直接使用されますと、詰まる可能性がありますのでご注意ください。
白い洗濯物に黒カビ状のものがつくのですが、解消法はありますか?
この黒いものは、洗濯機についた石けんカスを養分にしたカビです。
洗濯機に、「洗たく槽クリーナー」(500g)と30~40度のぬるま湯(お風呂の残り湯を利用)を高水位まで入れ、3~4分攪拌してください。
3~4時間放置し、そのまま洗たく槽クリーナーが溶けた液を落とさずに、「標準コース」を1サイクル運転します。
2~3ヶ月に一度、洗濯槽の掃除をお勧めします。
その他にも、日頃から洗濯機を使用しない時はフタを開けて乾燥させるなどで、黒カビの発生が抑えられます。
粉石けん使用時にクシャミが出るのですが、身体に影響はないのですか?
シャボン玉の粉石けんは、ポップコーンがはじけたように中が空洞になっている「中空粒状粉石けん」です。
水に溶けやすい、飛び散りにくいといった利点がありますが、輸送途中のゆれなどで、粒子が壊れ微粉末になってしまうことがあります。
クシャミの対処法としては、できるだけ体から離して使うか、マスクをするなどで防いでください。
他の商品として、液体製品や洗濯用固形石けんもございますのでどうぞご利用くださいませ。
洗った衣類が匂うのですが、なぜですか?
石けんの使用量が多いか、すすぎ不足が考えられます。
また、ニオイについての感じ方には個人差があり、合成洗剤に入っている香料になれた方や無香料の石けんの香りが気になる方は以下の方法をお試しください。
1.石けんを分量どおり入れる。
2.充分すすぐ(すすぎ残しがあるとニオイを感じる)。
3.長期間しまっていた衣類が匂う場合は洗い直すと解消する。
4.洗濯物は充分乾燥させる。
5.洗濯の最後のすすぎ水に少量のクエン酸(ティースプーン1~2杯)を入れる。
6.シャボン玉酸素系漂白剤と一緒に洗濯されますと、漂白作用の他、除菌・除臭作用がある。
※全自動洗濯機の時短(お急ぎ)コース、節水コースはすすぎが不十分な場合があります。
標準コース以上を選び、衣類を入れ過ぎないようにしてください。
ニオイは温度・湿度・体調も大きく関係致します。
洗濯後はすぐに干してください。室内に干す場合は換気を心がけてください。
生乾きの衣類はアイロンをあてるのも良い方法です。
オムツがピンク色になるのですが、なぜですか?
オムツがまれにピンク色になることがあります。
これは、赤ちゃんまたは母親(母乳の場合)が薬を服用した場合、それが尿を通して排泄され、石けん分と反応した時、また食品添加物の入った食品を摂取した場合、湿ったまま放置していて空気中のサッカロミセス菌が繁殖してピンク色になる場合があります。
普段、白物や淡い色の衣類は、洗濯機に粉石けんと酸素系漂白剤を入れて洗濯すると、除菌と漂白効果がありますので、是非お試しください。色が残っても害はありません。
羽布団はシャボン玉石けんを使って自宅で洗えますか?
羽根布団の自宅洗いは、多少困難があります。
なぜならば、家庭には専門家が持っているような、丸洗いをする大きな洗濯槽や乾燥機などはありませんし、高度な技術も必要になるからです。
基本的には、羽根布団は水鳥の毛を使用していますので、水洗いには適しているのですが、メーカーも多く規格・材質など多種多様です。
羽根の種類もダウンやフェザー、水鳥以外も混じっている製品もあると聞いています。
素材によっては、とてもうまく洗え、新品同様になったと嬉しいお便りをいただきますが、一部の方は思ったように洗い上がらないといったご連絡を頂きます。
高価なものですから、専門のクリーニング業者に任せた方が無難です。
また、羽毛布団のメーカーでもクリーニングをしている所がありますのでお尋ねください。

前のページに戻る

営業日カレンダー
201911
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
201912
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
休業日  配送休業日
※誠に勝手ではございますが、都合により2019年12月7日(土)を臨時休業とさせていただきます。
※配送休業日は、ご注文やお問い合わせなどはお受付しております。
※日祝日は休業日となっております。休業日にいただいたご注文・お問い合わせへのご連絡は翌営業日以降となります。