よくある質問

石けんについて

石けんの歴史は?
●石けんの誕生
石けんの起源は約1万年前。人間が火を使うようになって、獣肉を焼いて食べることを始めました。その際、獣肉からしたたり落ちる油と木の灰が反応した土が、汚れを落とす土として発見されたのが石けんのはじまりと言われています。天然素材だけを使った昔ながらの石けんは、その長い歴史が、人や環境へのやさしさを証明しています。
だから、私たちは無添加石けん にこだわります。

●石けん工業のはじまり
8世紀頃(日本では奈良時代)、イスパニア(現代のスペイン)やイタリアで家内工業として石けん作りが始まりました。12世紀頃にはフランス・マルセイユやイタリア・サボナなどで、工業として発達していき、その後ヨーロッパ各地、アメリカへと広がっていきました。

●日本人と石けん
ヨーロッパで普及した石けんが日本へ入ってきたのは、戦国時代末期の頃。ポルトガル船が西洋の物を運んできた時代に日本へもたされました。しかし、当時石けんは大変貴重なもので、上流階級の下剤や香水の代わりとして使ったり、将軍や大名への献上品でした。

●石けんは高級品
明治初期、国内で初めて発売された石けんは大変高価で、一般庶民には手の届かない貴重品でした。その為石けんを買えない庶民は、アクなどを使って洗濯し、ヘチマや軽石などで体を洗っていました。その後国内に石けん工場ができ、気軽に使えるようになったのは明治時代終わりだと言われています。
石けんの仕組とは?
汚れの多くは油性や酸性です。水と油は反発しますが、これを結びつけるのが石けんの役目です。衣類に水を浸透させて汚れを浮かし、泡で包み込んで水で洗い流すことで汚れを落とします。「泡立ち」こそが、汚れを落とす1つの目安となっています。
石けんは、分子内に水に溶けやすい部分(親水基)と油に溶けやすい部分(親油基)を併せ持ち、水と油などを混ざりやすくする作用があります。
また石けんは、水中で親水基の部分を外側、親油基の部分を内側にして、球状に集まった「ミセル」という集合体を作ります。
その内部は、油を溶かしやすい性質を持っているため、水と油を混ぜると、油がミセルの中に取り込まれ、小さな球体として水中に分散します。このミセルができて、はじめて汚れを落とす力が出てくるのです。
石けんはどのように作るのですか?
石けんを作る方法として、「ケン化法」「中和法」の2つの方法があります。
「ケン化法」とは、油脂に苛性ソーダ(液体は苛性カリ)を反応させる方法で、熟練の技が要求される手間のかかる製法です。その為、ケン化法で作った石けんには、油脂に含まれていたグリセリン(古くから保湿剤として用いられていました)が数%残っているので、洗い上がりがしっとりして、ツッパリ感が少ないのが特徴です。
「中和法」とは、脂肪酸と苛性ソーダ(液体は苛性カリ)を反応させる方法で、短時間で石けんを作ることができ、大量生産向きと言えます。しかし、中和法で作られた石けんは、油脂の代わりに脂肪酸を用いるので、グリセリンが含まれていません。
シャボン玉石けんではケン化法で何度も熟成させ、1週間かけて丁寧に炊きこんでいますので、天然の保湿成分を含んだやさしい石けんですが出来上がります。
シャボン玉石けんはケン化法にこだわっています。

【ケン化法】
■製造方法
油脂(脂肪酸・グリセリン)+苛性ソーダまたは、苛性カリ → 石けん+グリセリン
■期間
完成まで1週間

【中和法】
■製造方法
脂肪酸+苛性ソーダまたは、苛性カリ → 石けん
■期間
完成まで4~5時間
合成洗剤との見分け方を教えてください。
容器側面、もしくは裏面に掲載されている「家庭用品品質表示法」の「品名」と「成分」を確認してみて下さい。
石けんも合成洗剤も「界面活性剤」の1種ですが、「石けん」に分類されるのは「脂肪酸ナトリウム」「脂肪酸カリウム」です。動植物性油脂に苛性ソーダ(液体は苛性カリ)を反応させたもののみです。それ以外の界面活性剤(合成界面活性剤)を主成分とするものは、全て合成洗剤です。市販のシャンプーやリンスの多くは、合成洗剤に分類されるのですが、これは化粧品に属するため「合成洗剤」の表示はありません。
※体や顔を洗うものは「薬事法/厚生労働省管轄」、その他の洗浄剤は「家庭用品品質表示法/経済産業省管轄」によって、成分表示や広告の規制がなされています。
石けんが肌にやさしいのは本当ですか?
アレルギーやアトピー性皮膚炎の人が年々増加しています。
原因についてはいろいろな説がありますが、シャボン玉石けんで肌着や体を洗って、多くの人が良くなっているのは事実です。
無添加の粉・固形石けんは皮膚を刺激しないため、薬用石けんではなく無添加のシャボン玉石けんを患者さんに勧めている皮膚科もあります。
※実際にシャボン玉石けんを使用してアレルギーやアトピー性皮膚炎などが良くなっていても、薬品ではないため、そのような表示をすることはできません。
石けんが環境にやさしいのは本当ですか?
排水として流れた石けんは、水と二酸化炭素に短期間のうちに分解され、カルシウムやマグネシウムなど水の中に含まれているミネラル分と結びついた石けんカスは、海や川にいる微生物のエサになり、生態系のリサイクルを守るため環境を汚すことはありません。
ところが石油を原料としてできている合成洗剤は、分解性が悪く、一ヶ月近く分解されません。それどころか水を浄化する働きをもつバクテリアやイトミミズなどの微生物を弱らせたり殺したりします。その結果、本来自然が持っている水の浄化作用が弱まり、海や川の汚染は進んでしまうのです。
熊本県の宮原町、香川県の大野原町など町ぐるみで環境を意識して石けんを利用している地域もあります。福岡県の学校給食の現場では、十年以上も前からシャボン玉石けんを使用しています。
石けんと水の硬度の関係とは?
硬度とは、水分中のカルシウムやマグネシウムなどの金属分を含有する程度のことです。
石けんカスや黒カビで困ったり、ポットの内側についた白い汚れが気になる場合、使用している水の硬度が高いことがあります。
硬度マップを見ると、全国各地、水の硬度分はそれぞれです。
東北地方で硬度が低くなっているのは、積雪量が多いためです。雪は地中の硬度分を含むことなく雪解け水となり、生活用水に使われています。
逆に、沖縄で硬度が高いのは、カルシウム分を含むサンゴ礁が影響していると考えられます。
ちなみに、雨は軟水ですが、地中の鉱物を溶かす酸性雨は硬水の要因といえるでしょう。
固形石けんや粉石けんを水に溶かせば液体石けんになるのですか?
固形石けんや粉石けんを溶かしても液体石けんにはなりません。
そもそも固形・粉石けんと液体石けんは製造方法も原料も異なります。
固形・粉石けんは、油脂と水酸化ナトリウムを反応させてつくったナトリウム石けんで、液体石けんは水酸化カリウムと反応させたカリ石けんです。
カリ石けんは、ナトリウム石けんより水に溶けやすい性質がありますので、液体石けんに適しています。

前のページに戻る

  • <
  • >
営業日カレンダー
202010
27 28 29 30 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
202011
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5
休業日  配送休業日
※配送休業日は、ご注文やお問い合わせなどはお受付しております。
※日祝日は休業日となっております。休業日にいただいたご注文・お問い合わせへのご連絡は翌営業日以降となります。