ナチュラルクリーニング

研磨材で表面が傷つくことはありませんか?
2019/10/10
原料の五島クレーは、ほどよい硬度でシンクなどを傷つけにくい特徴があります。ただし、プラスチック製品など、材質によっては表面を傷つけてしまう恐れがございます。 表面の傷つきやすさは、研磨材の粒子と、洗浄対象物の物質の硬度の差によって決まります。ステンレスなどの硬い素材であれば傷つけずに洗浄することができます。柔らかい金属(銅・アルミ等)、ゴム製品、表面をコーティング加工したもの(フッ素加工・テフロン加工製品・鏡など)、プラスチック等は傷つきやすいので、目立たない部分で試してから力をかけずに使用してください。 また、長期間の使用によって傷が目立つようになる場合もあります。